Overview
Literature
Resources

Principal Applications

  • タンパク質精製 (20-500 kDa)
  • Mab精製

Advantages

  • 高い生産性とスケールアップを容易にする非常に高い動的結合容量
  • 非常に高い背圧特性と高流速対応
  • 高い分離性と選択性
  • 非常に高い化学的物理的安定性
  • 安全で検証済みの供給および規制サポート

Regulatory Approvals

  • GMP条件での製造

Typical Physical & Chemical Characteristics:

ポリマー構造 Highly cross linked agarose
外観 Spherical beads
官能基 Quaternary amine
化学的安定性 All commonly used aqueous buffers. 1M NaOH, 8M urea, 6M guanidine hydrochloride, 30% isopropanol and 70% ethanol
避ける Oxidising agents, anionic detergents
イオン交換容量 - 樹脂 0.14 - 0.18 mmol/ml
イオン交換容量 - 中 0.14 - 0.18 mmol Cl⁻/ml
粒径 - µm 65 µm
動的結合容量 (最小) - 接触時間6分 60 BSA/ml
背圧/流速 (最小) - 3 bar、2.6 x 20 cmカラム (4 bar圧下で充填) 400 cm/h
pH安定性, CIP (短期) 2 - 14
pH安定性, 運転時 3 - 13
推奨保管条件 4 - 30 °C
推奨保管条件 20% ethanol