Overview
Literature
Resources

Principal Applications

  • Mab精製
  • タンパク質精製 (20-500 kDa)

Advantages

  • Manufactured using patented Jetting technique
  • 均一粒径
  • 生産性を向上させる
  • 高動的結合容量
  • 背圧特性と高流速対応を向上させる
  • 環境への負荷を低減して製造
  • 安全で検証済みの供給および規制サポート

Regulatory Approvals

  • GMP条件での製造

Typical Packaging

  • バルク樹脂
  • 生産スケール OPUS® Columns
  • OPUS® Robocolumns®
  • OPUS® MiniChrom Columns
  • HT カラム

Typical Physical & Chemical Characteristics:

マトリックス Cross-linked agarose
官能基 CH2CH2CH2S03
イオン交換容量, mmol/mL-R 0.11-0.16
平均粒径 (d50ᵥ), μm 35
流速 cm/h (3 bar、2.6 x 20 cm カラム、4 barで充填) > 150
結合容量 mg/mL-R(接触時間6分) > 90 mg/ml lgG
運転時pH安定性 (短期) pH 3-14
運転時pH安定性 (長期) pH 4-13
運転温度 4-30°C
化学的安定性 All commonly used aqueous buffers, 1M NaOH, 8M urea, 6M guanidine hydrochloride, 30% isopropanol and 70% ethanol
避ける Oxidizing agents, cationic detergents
保管 20% ethanol, 0.2M sodium acetate, 4-30°C